リサイクルを有効活用した素敵生活!

賢いリサイクル術で、自分にも環境にも配慮した、素敵生活を始めませんか?使わなくなった不要品はリサイクルショップで高価買い取りとなる可能性があります。自分に利用価値が無いと思っても、他人からみれば価値の高いものもあるのです!

酸性土壌の緑化について

酸性土壌の緑化ということばを知っていますか?

酸性土壌については、土壌のなかでも酸性の度合いが強い土壌のことを言います。日本の土壌については、ほとんどが酸性の土壌であることがあげられます。

酸性の度合いが強い土壌だったために、酸性の度合いが強すぎてしまって、植物が育ちにくくなってしまったというデメリットが生じます。生態系を守っていくためにも、この植物が育ちにくい土壌をなんとかしなければいけません。そのようなことから、酸性土壌の緑化が日本のさまざまな場所でおこなわれるようになりました。現代はさまざまな企業が取り組んでいます。

酸性土壌の緑化のポイントは植物の選定です

一般に植物は弱酸性の土壌を好みます。日本は雨が多い事もあり、酸性の土壌が多いです。降った雨が、マグネシウムやカルシウムを土の中から洗い流してしまうからです。

弱酸性であれば育てる植物にもそれ程困りませんが、酸性がひどくなった土壌には、環境にあった植物を選んで植える事がもっと大切です。土に生石灰や消石灰を混ぜ込むことも有効です。

もちろん植えて終わりではありません。維持管理も大事になります。大地にしっかり根を張った植物は、土砂崩れなどの災害から守ってくれることもあります。酸性土壌の緑化は様々な意味で大切なのです。

酸性土壌の緑化を自然な形で実現

酸性土壌の緑化のため、微生物の研究が進められています。日本全国各地に、酸性土壌が広がりつつあります。そこで、微生物による土壌phの改善を行い、土壌を修復し緑化を可能とします。

微生物を使うことで中和した土壌には、自然な生態系が再び広がることなり、緑化につながるというものです。日本に降る雨は酸性に傾いているため、長く降った土壌のphは酸性へと傾いてしまいます。

酸性土壌を改善し緑化することで、植物だけでなく動物も増え、正常な生態系へと戻っていきます。そうすることで、土壌が安定し、土砂災害の減少や豊かな海洋食料の確保にもつながります。

お子さんの自由研究に酸性土壌の緑化は?

お子さんの自由研究を何にしようか毎年親の方が真剣に考えてしまいますよね?小学生ですと6年間ありますので6回自由研究を考えなくてはいません。今年はもうすでに終わってしまったかもしれませんが、来年に向けての案なのですが、酸性土壌の緑化について調べてみるのはいかがでしょうか?

難しい単語に聞こえますが、簡単です。自分の家や周りの土地が酸性なのか、アルカリ性なのかを調べるだけでいいのです。またどのように調べるのかといいますと、ホームセンターなどに簡単に調べることができるキットが販売されていますのでそういったものを使用してみましょう。

酸性土壌の緑化の方法について

雨により土地の成分が酸性よりになった場合において、植物が育たないような環境になってしまうことが予想されます。一般的には、植物の多くは酸性性質を好まない傾向にあり、土の成分においてもカルシウムやマグネシウムが土から減少する事によって酸性化が起こるとされています。

環境の問題から、緑化活動の取り組みをおこなう企業や自治体なども急増しています。酸性土壌の緑化については、いくつかの方法がありますので、その方法に沿ってそれぞれ取り組みをおこなっていくこととなります。また、新しい方法なども開発されていますので、つねにリサーチや研究が必要になってくるでしょう。

酸性土壌の緑化情報