リサイクルを有効活用した素敵生活!

賢いリサイクル術で、自分にも環境にも配慮した、素敵生活を始めませんか?使わなくなった不要品はリサイクルショップで高価買い取りとなる可能性があります。自分に利用価値が無いと思っても、他人からみれば価値の高いものもあるのです!

酸性土壌の緑化の効果的な方法

植物は土から養分を吸って育ちます。酸性度の強い土壌では植物は育ちにくいです。そんな中で、酸性土壌の緑化を可能にする方法は植生マットやシートの使用です。シートやマットに植物や肥料があらかじめ埋め込まれているものです。これを敷く事で植物の育ちにくい酸性の土壌でも、土地を緑化 する事が可能になります。

酸性の土壌を好む植物は少数ですから、植物を植える前に土壌の酸性度を調べて、植物が育つ環境にしてから植える事が重要です。しっかりと根の張った植物は災害を防ぐ役割も果たします。環境にあった植物を飢えて維持管理して行く事が大事です。

酸性土壌の緑化をおこなうことの大切さ

自然の環境については年々失われている傾向にあり、世界的な問題になっています。この問題を受けて、世界的な取り組みも行われています。

各国での取り組みの一つに酸性土壌の緑化があります。土壌を改良することによって、今まで緑がない地域であっても生態系を生み出すことができます。この生態系が周わりに与えるだろう影響は大きいことが予想されています。

人間だけでなく、生物たちも自然によって恩恵を受けていますので、大きなメリットとなることでしょう。さまざまな可能性をもっていることから、酸性土壌の緑化は積極的に取り組まれています。

ガーデニングでの酸性土壌の緑化

ガーデニングや家庭菜園で、育成が難しい、大きく育たない、実がつかない、花がすぐに落ちる、枯れてしまう、などうまくいかない事もありますが、同じ場所で、同じ土で、長年同じものを育てて続けていると起こりやすいです。植物の根が張りすぎてプランターいっぱいになってしまったり、土が目減りしてしまったりといろいろですが、土が酸性に傾いてしまう事も大きな原因です。

植物の多くは、弱アルカリ性の土壌を好みます。対策としては、ホームセンターなどで石灰や消石灰を購入し、土に混ぜ込んで土壌を改良します。このような酸性土壌の緑化は樹木が育たなくなった山などでも応用されています。

酸性土壌の緑化 に有効なもの

日本の土壌が含んでいる物質は弱酸性が多いです。それを中和させるためにアルカリ性の酸性改良材を利用します。土壌はph4.0以下では植物は生育できません。酸性改良材には生石灰や消石灰などが使用されます。生石灰や消石灰を入れすぎて、アルカリ性に傾きすぎるのも良くありません。生石灰や消石灰は、水と反応して発熱しますので取り扱いに注意が必要です。

日本は雨が多く降る為、酸性化の原因は雨の影響がたいへん大きいです。土壌に二酸化炭素がとけ込んだり、アルカリ生の成分が流れ出したりします。酸性土壌の緑化に使う植物は、土にしっかりと根を張るものを選びます。

酸性土壌の緑化情報